カマグラの正しい飲み方を解説

カマグラの飲み方

カマグラは1日1回性行為の前に服用する

カマグラは1日1回、性行為の1時間前に1錠飲みます。しかし、日本人にとっては量が多すぎることから、ピルカッターなどで半分の50mgに分割して飲むことが推奨されているのです。

一方、ゼリータイプのカマグラは、パックを開封して押し出して飲むか、口で吸って服用します。発泡剤タイプはコップに水を入れ、そこに錠剤を入れてかき混ぜてから飲みます。チュアブル錠は、100mgをそのまま口の中で溶かすか、噛み砕いて服用するしかありません。

このように、カマグラは剤形によって飲み方が異なります。しかし、性行為の1時間前の服用タイミングと、1回1錠という点は共通です。100mgだと日本人の身体には量が多く、効き目が強く出すぎてしまったり、副作用を伴ってしまったりする恐れがあります。

半分の50mgが適量なので、ピルカッターで分割して、それを水などで飲むのがより安全です。1日1回の用法は変わらないので、この点は必ず守って服用することが大切です。

カマグラは空きっ腹で飲む

カマグラは腸で吸収される性質を持ちます。そのため、満腹を避けて空腹時を狙い、食事の食べる量を考えながら服用を行うことがポイントです。

空腹以外のときに飲むと、カマグラは効果が弱まってしまうか、殆ど発揮されないことになり得ます。満腹時の服用は絶対に避けましょう。服用前はできるだけ食事を避けることが大切です。また食事との相性もあります。油分の多い食べ物を摂ると吸収が妨げられてしまうのです。

食事を摂るにしても、揚げ物や油っぽいものは避けてましょう。油分の少ないアッサリとしたものに留めるのが良いです。カマグラは、性行為の1時間前に服用する薬ですから、食事はそれよりも前に済ませることが必要です。

即時から時間があまり経ってなくて、胃の中に食べ物が残っている場合は、1時間以上間を空けてから服用しましょう。いずれにせよ、カマグラは、空腹時に服用するのが最も効果を引き出すコツです。食事との相性も考慮する必要があります。

さらに、薬との飲み合わせも存在します。併用する際は一緒に飲んでも大丈夫な薬かどうか確認しておくと、安心です。カマグラは、水かぬるま湯での服用が理想的ですが、他の飲み物でも問題ありません。

カマグラの効き目は飲む量の増減で調整できる

カマグラを飲んだのに効かない、あるいは効き過ぎた時は、飲み方に原因がある可能性が考えられます。カマグラが効かない場合は、水やぬるま湯にお茶と、アルコール以外で飲んでいないか要チェックです。

牛乳のように油分が含まれる飲み物は、カマグラの吸収を妨げます。また、適度なアルコールの摂取は問題ありませんが、飲みすぎは神経の伝達に影響するのです。その結果、勃起が難しくなったり、射精に影響が出るので、EDを悪化させることになります。

しかし、低血圧の人は、カマグラとアルコールの摂取により、貧血気味になるのです。逆に、カマグラが効きすぎて辛いとき、25mgに減らして飲むのが1つの対処方法です。用量を減らすと、効果や副作用の現れるので、量を半分にするのは現実的です。

25mgでも効きすぎと感じるのであれば、あえて食事を摂って効果を抑えたり、少し油分を摂ってみましょう。満腹は、カマグラの効果を大幅に減らしてしまうので、少し胃に食物を入れるくらいが丁度良いです。カマグラの効果の増減は、このように飲み方の工夫で対処できます。