カマグラが最も効果が出る時間や効果持続時間を解説

カマグラの効果が出る時間

カマグラは服用後1時間前後に最も効果を発揮する

カマグラの効果を最大限に発揮させるため、服用するタイミングが大切です。有効成分のシルデナフィルは、服用した後30分から1時間すると最高血中濃度になります。性交する1時間前位に服用しておくと、効果的に利用することが可能です。

個人差はありますが、4時間から6時間ほど作用を維持することができます。効果を得るために注意しなければいけないことは空腹な状態でたくさんの水で服用するのです。食事の後や食事の油分が胃腸に残っていると、シルデナフィルは、そのまま吸収されずに排泄されてしまいます。

カマグラの効果が得られなかった場合、服用する前にしっかり食事を摂っていた人が多いようです。例えば、焼肉や揚げ物などの食事を食べた場合、油分の分解にしばらく時間がかかります。カマグラを服用するなら食事のあと7時間以上が必要になるでしょう。

軽めの食事を摂った場合は2時間後に服用したり、アルコールは摂り過ぎないよう工夫が必要です。血管拡張や血行促進作用などがあるので、普段よりもアルコールがよく回る傾向があります。どうしても食事するならお寿司やお蕎麦などのあっさりとしたメニューがおすすめです。

カマグラは3時間から4時間ほど効果を保てる

カマグラは1日1回必要な時に飲み、頓服薬のような使い方をします。服用するタイミングとして性行為を行う1時間前が目安です。30分経たない内に効果を実感したり、1時間半から効果を実感する人もいるでしょう。

有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩が効果を発揮し、通常服用してから30分~1時間してから勃起が促されます。薬を代謝する能力はそれぞれお人によって異なりますが、カマグラの場合持続時間は平均で3時間半から4時間とされています。服用してから4時間した後性行為を行った場合、効果は既に弱まりっているので、注意が必要です。

人によっては効果が半減すると言われています。安定した効果を充分に体験するため、効きはじめの時間や効き目が弱って来る時間をきちんと把握しておきましょう。

使い方をきちんと守っていると十分な効果を得ることができ、食事のタイミングなどにも注意しながら服用することをおすすめします。食事以外にもミルクなどの胃に膜をはるような飲み物も避けておきましょう。

カマグラには性的興奮を助長させる効果はない

カマグラの働きはPDE5という勃起を抑える成分を抑制することが可能です。勃起は、陰茎において血管を拡張させる物質であるcGMPによって生じるので、cGMPを減らそうとするPDE5によって抑えるのです。

このPDE5を抑制することによって勃起を促す作用があり継続することができます。なお、性的刺激や性欲増強に影響を及ぼすことはなく、あくまでED状態をサポートすることになります。

カマグラ自体には性欲そのものを増やす作用がなく勃起を促すことを目的にしています。カマグラを服用しても性的な刺激がなかったりもともと性欲がないと、cGMPが分泌されないので勃起することはありません。

心理的な要因から性欲がなかったり性的興奮を感じないと、カマグラの効果を実感しにくいでしょう。カマグラは、シルデナフィルの作用を利用して、スムーズな勃起を促すことが可能です。

血管が収縮することを予防することによって、血管拡張や血流促進などをサポートし正常な勃起に導いてくれます。いろいろなED症状に効果があり、勃起不全や中折れなどを改善してくれる医薬品です。勃起の硬さに満足していない人にもおすすめで、世界中の人が利用しています。